前へ
次へ

ウォーターフロント物件の注意を知る

海の近くで宿泊するときは、やはり窓から海が見える部屋に滞在したいと考えるでしょう。
日常生活においてはなかなか海の近くで住む機会は少ないかもしれませんが、ウォーターフロント開発が進む地域においては一部マンションなどの購入が可能になっています。
毎日のように窓から海が見えます。
ウォーターフロント物件の良さは何といっても海が見える眺望の良さで、周辺の開発も進んでいれば住みやすいともいえるでしょう。
鉄道なども整備されていれば都心への通勤もそれほど大変ではなさそうです。
しかし海の近くだからこその注意もあるのでそれを知った上で物件選びをしないといけません。
海の近くだとまず塩害の問題があり、海の近くでない物件に比べると耐用年数は短くなります。
心地よい潮風ですが建物などにはあまり良いと言えません。
ウォーターフロントといえば埋立地が多く、地盤の問題が気になるでしょう。
地震が来た時に地盤が緩ければ建物の傾きなどが心配になるときもあります。

Page Top