前へ
次へ

1981年以降の建物なら耐震性の問題はないか

中古住宅の購入や借りるのを検討するとき、それがいつ建てられたかをチェックするとより安心して住むことが

more

筋交いが入っていれば安心できるか

注文住宅などなら設計から参加ができるので、その後の建築現場の見学などもできるかもしれません。

more

基礎のひび割れが縦か横かで深刻さが異なる

戸建て住宅の購入では新築か中古かの選択をするときがあるでしょう。
新築は土地代以外に建物の価格

more

中古の戸建てに増築部分があるとき

戸建て住宅は敷地に建物を建てますが、この時は建ぺい率を考慮して建てる必要があります。
建ぺい率は敷地内の何パーセントに建物を建てられるかを示す割合で、50パーセントなら敷地の半分にしか建物は建てられず100パーセントなら敷地一杯に建物を建てることができることを意味します。
狭い敷地だと建ぺい率一杯に建てることが多いでしょうが、中には当初の建物が建ぺい率に余裕を残して建てられる時があります。
建ぺい率に余裕があれば当初の建物以外に建物にみなされるガレージや倉庫、そして部屋の増築などが可能になります。
家族が増えた時などに増築をするケースはあるでしょう。
中古物件を購入するときに増築部分があるとき、本体とのつなぎ目がどうなっているかを確認しておきましょう。
基本的には本体は本体、増築は増築で耐震性などに応じた建てられ方をするでしょうが、つなぎ目などは簡単な工事のみでつないでいることがあります。
地震などでつなぎ目が簡単にはがれることがないかチェックが必要です。

横浜の地域密着|トイレリフォーム業者「スマート設備」

横浜市で行った給湯器交換施工事例

給湯器交換実績多数の八王子市のリビング・プラマー

合同会社クラフトKraft 福島県いわき市 エクステリア外構・リノベーション

ユニットハウスをリースでお考えなら

Page Top