前へ
次へ

家の傾きに慣れてしまう可能性がある

新たに住宅を購入したり借りたりするとき、チェックしておきたいのが建物の傾きでしょう。
地盤が緩い所や建物の傷みなどで建物が傾くことがあり、中古物件等であれば初めて建物内に入ったときなどに気が付くことがあります。
生活するのに問題がない傾きがあり、水平の誤差が正常範囲内なら住めるでしょう。
新築物件なら恐らく建築業者が傾きが無いように建てているので水準器などを用いて調べても正常な状態であることが多いです。
しかし地盤が緩いところだと人が生活したり小さな地震などで少しずつ傾くことがあります。
怖いのは日々の生活で傾きに慣れてしまって水平の誤差が異常になっていることに気づかない時でしょう。
品確法によれば10年以内に問題が出れば建築業者などに補修などをしてもらえますが、問題に気づかなければ補修の依頼ができません。
定期的に水準器などを用いて水平の誤差がないかを調べると良いでしょう。
その他窓のサッシに問題が出た時も傾いてきた可能性があるので、注意しておきましょう。

Page Top