前へ
次へ

色々な不動産相続の手続きや事業

小規模宅地などは、個人が相続または、遺贈によって手にした財産のうち、その相続の開始直前において、被相続人等の事業用に供されていた宅地であったり、居住用に供されていた宅地のうち、一定の選択をしたもので、限度面積までの部分、いわゆる小規模宅地については、一定の割合を減額して相続税の課税価格としています。
不動産の相続問題、一般には、ややこしい手続きがあるため、税理士に間に入ってもらいましょう。
例えば、被相続人等とは、被相続人と生計を一にしていた被相続人の親族ですから、夫と妻、というのがイメージできるでしょう。
宅地は、土地あるいは土地の上に存する権利、例えれば借地権ですし、一定の建物あるいは構築物の敷地の用に供されているものをいいます。
今、不動産相続した後の貸付事業も注目されています。
不動産貸付のみならず、駐車場や自転車駐車場ですが、事業まで至らない不動産の貸付、その他、類する行為で相当の対価を得て継続的に行うのを準事業として表しています。

Page Top