前へ
次へ

電気が止まったときの高層マンションの問題

地震が来た時に影響が出やすいインフラとして水道、ガスがあり電気は比較的問題が出にくいとされています。
水道やガスは地中に埋められた管から供給されるので、地震によって問題が出ると一定期間使えないときもあります。
電気は電線さえ通っていれば供給可能なので、止まったとしても復旧が早いとされています。
高層マンションを利用する上ではインフラがどうなっているかをチェックする必要があり、地震が来た時にどんな対応になるかを調べて購入した方がいいでしょう。
電気が止まればエレベーターが停止するだけでなく水道もストップします。
近くまで水道が来ていてもポンプが止まると上階では水道が使えなくなります。
高層マンションの中には自家発電の設備が充実しているところがあり、地下にあるガス発電装置で電気の供給をするところもあります。
自家発電装置があるなら電力会社からの電気の供給が無くても不自由なく生活が出来そうです。
地震が起きた時にインフラ系の問題がどうなるかを調べておきましょう。

Page Top